シャンプーの方が良かった

シャンプーの方が良かった

 20代の前半の時に、育毛剤を使っていたことがあります。高校生の頃、サクセスを使っている友人がいたのを思い出したのがきっかけで、私もそれを使うようになりました。当時、お調子者のその友人は育毛剤を使っていることを公言しており、学校にも持って来て休み時間などに使っていました。「薄毛になりたくなかったら使った方がいいよ」と言われていたことを今でも覚えています。

 まだまだ心配ないと思いつつも、親がかなりの薄毛なのでいずれは自分もという認識が当時からあったのも事実です。それから成人し、最初の薄毛のピークを迎えたころ(21歳)に使い始めました。大体、1年間は続けたと記憶しています。まだ学生でしたから、高額の育毛剤を買う余裕はなく、コンビニやドラッグストアで手軽に手に入るこちらの商品が都合が良かったのも使っていた理由の一つです。

 1日のうち就寝前の1度だけ使用していました。当時皮膚が弱く、シャンプーも体質に合わないモノを使うとかぶれてしまうような体質だったで、極力使用回数は制限することにしたのです。幸いかぶれるようなこともなく、育毛剤自体に薄毛を悪化させるような悪い影響はありませんでした。悪影響はなかったかもしれませんが改善される見込みも全くなく、長い間使ってきましたが、遂に使うことを止めることにしました。ほぼ習慣化していましたし、効果が表れるまで時間がかかるだろうという考えがあったのでここまで使い続けたのですが、1年近く使って効果がないものをこれ以上使うのは少々しんどいです。

 その後、美容師さんに教えてもらったシャンプーを使い始めたのですが、これが思いのほか良くて、20代は何とか乗り切ることができました。

↑ PAGE TOP