外用剤よりも内部ケアの方が良い

外用剤よりも内部ケアの方が良い

 薄毛や抜け毛が増えて来た時に、男性用育毛剤やシャンプーを使ってヘアケアを開始したのですが、発毛効果のあるというリアップを朝夜2回づつ3か月程使いましたが、特に効果を得られる事も無かったです。

 このまま継続使用しても相性が良いかどうかも解らないままですし、継続使用にもコストがかかり素人判断でネットで商品選択してのヘアケアでしたから、クリニックで専門の方に頭皮状態をチェックして判断してもらう事にしました。

 症状としては男性型脱毛症というものであり、市販のシャンプーや育毛剤ケアを外部から行っても効果が無いと指摘され、内服薬治療が望ましいという診断結果となり、そこでリアップの購入を辞めて内服治療に切り替えていく事になります。

 こうした薄毛や抜け毛に育毛剤が効果があるという例もありますが、頭皮環境悪化を改善すれば生えてくるというタイプであり、男性ホルモンが原因で起こる薄毛の場合は体の内側からホルモンを抑制させて治療する事が望ましいという事です。

 やはり育毛剤選択は素人判断で行うのではなく、まずは薄毛や抜け毛の原因を専門家にチェックしてもらってからケアを行う事が有効であり、継続使用しないと効果が見えないタイプですから効果が出ないのに使い続ける事はリスクとも言えます。

 内服型の治療薬を服用してからは抜け毛が止まった実感があり、そこから半年程度経過してから毛髪の状態が良くなっていきましたし、適切なケアを行えるかどうかがヘアケアでは重要と実感します。

↑ PAGE TOP